美白効果

アンチエイジングでメタボリックシンドローム予防

年齢を重ねるごとに、体系の変化を実感する人が多いのではないでしょうか。
例えば、お腹周りばかりに脂肪がつきやすくなったと感じる人が多いです。
そのほかにも、太りやすくなった、疲れやすくなったなどと感じる人もいます。

実はアンチエイジングとメタボリックシンドロームには深いつながりがあります。
両方を意識することで、相乗効果があるということです。
一番共通点としてあげられることは、血管のアンチエイジングということです。

メタボリックシンドロームは、体内に脂肪分が多くたまってしまうことを指します。
体内に脂肪分が多く溜まってしまうと、動脈硬化の原因となります。
動脈効果とは、血管が固くなって、厚くなってしまい、どんどん血管が狭くなってしまうことをさします。

そうすると体中に十分な栄養素を送り込むことが難しくなります。
すると代謝も落ちてしまい、老化につながってしまいます。
血管年齢は、肉体年齢と同じといわれるほど、体に大きな影響を与えます。

そこでメタボリックシンドローム予防を行うことで同時にアンチエイジングも効果が期待できます。
一番大事なことは生活習慣の見直しです。
生活習慣の中でも最も大事なことは、運動と食生活です。

適度な運動は、体に筋肉をつけてくれます。
筋肉がつくと、新陳代謝が上がりエネルギーの消費量が増えます。
これによって脂肪も付きにくくなり、メタボリックシンドロームの予防にもなります。
また新地代謝が上がるということは、肌の細胞などの働きも活発になりアンチエイジングにつながります。

もう一つは食生活です。
不規則な食事や食品添加物が多いものや脂質や塩分が多い物を摂取すると、脂肪が蓄積されやすくなります。
脂肪が蓄積されると活性酸素が発生しやすくなり、細胞の老化現象を早めます。

食生活ではバランスがより食事に加えて、食事の時間なども注意するようにしましょう。
そしてアンチエイジングに効果的なイソフラボンやグルタミンなどを含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。
メタボリックシンドロームは放置しておくとガンなどの大きな病気の原因にもなります。
なので予防することで、体内の健康を保ちながらアンチエイジングにも効果が期待できます。

このページの先頭へ