美白効果

アンチエイジングとケミカルピーリング

女性は、常に若々しくいたいと感じています。
そんな人にとってアンチエイジングは、とても重要なことです。
今技術の進化によって、アンチエイジングの方法も様々な方法があります。

なので自分に合ったアンチエイジングが見つかりやすくなっています。
中でもアンチエイジングで一番多くの人が気にするのが、お肌の調子です。
お肌のトラブルが少なければ少ないほど、きれいな肌を保つことができます。

例えばニキビやシミやそばかす、くすみなどが目立たない方が若々しく見えます。
お肌がきれいになるために重要なのは、お肌のターンオーバーを早めるということです。
そのためには、まず肌の古い角質を除去しなければ、新しい肌の細胞が表面化することはありません。

ケミカルピーリングでは、古い角質を除去させる働きがあるので、ターンオーバーを早める効果があります。
古い角質の中には、シミの原因となるメラニン色素なども除去することができます。
また肌がざらついていたり、毛穴の黒ずみにも効果があります。

ケミカルピーキングは、酸性の化学物資を肌に塗るという方法です。
アメリカで発明された美容方法でしたが、日本人とアメリカ人では肌の質も異なり、あまり日本人には向いていない方法でした。
しかし天然素材のフルーツ酸などを使用したケミカルピーリングであれば、日本人にも肌が合う方法もできました。

今ではお肌の悩みに応じで、塗る素材を変えることで、より効果が高まってきています。
表面の肌のトラブルにとても有効的だといわれています。
ニキビの後やシミなどにも効果があります。

特に肌の細胞は、年齢とともにターンオーバーが遅くなり、古い肌の細胞がどんどん蓄積されてしまいます。
なので積極的に肌のターンオーバーを早めることで、はだの細胞が活性化させ新陳代謝が高まります。
そうすることで、若々しい肌を保つことができアンチエイジングにつながります。
人によってはケミカルピーリングを使用することで、肌がピリピリとした痛みを感じる人もいます。
術後にも肌の赤みなどを感じる人もいますが、一定期間で落ち着く人が多いです。

このページの先頭へ