美白効果

アンチエイジングの肌再生作用成分とは

女性にとって、アンチエイジングは年齢を重ねるごとに深刻な問題の一つになっていきます。
アンチエイジングで気になる部分も増えていきますし、だんだん効果が期待できるまでに時間がかかってしまいます。
なので早い段階で、アンチエイジングを行うことが、肌にとってもよりいい効果を得る事ができます。

特に女性の場合は、実年齢よりも見た目年齢への意識がとても高まっています。
美魔女と呼ばれる女性が数多く取り上げられ、実年齢よりも10歳以上若く見える女性が増えてきています。
美魔女たちにとってアンチエイジングは一番の課題でもあり、独自のアンチエイジング方法を見出して活用しています。

アンチエイジングはいろんな方法がある中の一つに、肌再生作用成分があります。
特に肌の状況は見た目年齢に大きく関わってくるのでとても重要です。
若々しい肌というと、しっとりした潤いなどの保湿、触った時の弾力感、ピンとしたハリのある肌などがあげられます。

シワやシミたるみといったものがない状態ともいえます。
シミやシワやたるみがおきてしまう要因としては、肌の奥の部分の真皮と呼ばれる細胞の衰えがあげられます。
肌の再生作用成分は、この真皮の細胞の中で線維芽細胞を活発にする働きがあります。

この線維芽細胞が活性化すると、コラーゲンやヒアルロン酸をたくさん作りだすことができます。
コラーゲンやヒアルロン酸が増えることで、保湿効果や肌の弾力が高まります。
アンチエイジングにヒアルロン酸などが効果的だということはよく知られています。

このような成分を直接摂取すると、効果は早く実感できますが、体内に吸収されていしまい持続性が低いのが特徴です。
しかし肌再生作用成分は、細胞自体を活発にするため、持続性が高いのが特徴です。
その代わり実感するまでに時間がかかり、1カ月から3カ月ほどの時間がかかります。

具体的な成分として一番有名なのが、レチノイン酸です。
表皮のターンオーバーの促進、真皮の保湿、メラニン色素を分解する効果があります。
これらは、弾力、保湿、ハリなどアンチエイジングに必要なすべての要素を得ることができる成分です。

このページの先頭へ